勝手にCINEMAを斬る!?ズバッと映画批評★

ジャンルは様々、私が見た映画を大紹介♪♪今放映しているものから名作までいろいろ紹介していく予定。最近は火・金で更新中。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
deerhunter


ディア・ハンター
(The Deer Hunter)
78年・アメリカ・183分

監督  マイケル・チミノ
出演  ロバート・デ・ニーロ,クリストファー・ウォーケン,ジョン・サヴェージ,ジョン・カザール,メリル・ストリープ,ダイアン・アボット,ジョージ・ズンザ

簡単なあらすじ
マイケル、ニック、スティーヴンの3人はヴェトナム戦争の最中、徴兵され、ペンシルバニアからベトナムに行き、地獄の体験をする。敵の捕虜となった彼らは、なんとか脱走に成功するが、その後ばらばらになってしまう。やがてアメリカに帰還したマイケルは、行方不明となったニックを探しに、再びヴェトナムへ赴く…。ベトナム戦争の後遺症に悩む男たちの狂気を描いた感動と青春の問題作!!

珍しく結構古めの作品。
といってもスターウォーズの最初もこのくらいか。
でも、古い作品は古い作品なりのよさがあります。
だって今の映画はちょっと映像技術にたよりすぎてるよ!!

さてさて感想・・・。
さすがに3時間は長かった(^^;)
ファンタジーとかアニメならまだしも。
ドラマだからなぁ~もっとはしょれる箇所が結構あるよ。

前半と後半のギャップがすごかった!!
前半は結構のらりくらりと日常とかの風景で。
結婚式のパーティーとかもあったりたのしんでるかんじ。
もちろんバカ騒ぎやったりもね。

後半というか中盤からは全然雰囲気が変わった。
それこそ、戦争の残酷さ??
というか離れ離れになる孤独感。
さらには戦争がもたらした苦悩・・・。

題名ディアハンターって鹿狩りって意味らしいですけど、
鹿狩りシーンはまだほのぼのしてましたよ。
2回あったけど、1回はちゃんと逃がしてあげてたし。
よく考えると、狩るものと狩られるものってとこから、
戦争のことも暗示していたのかもしれませんね。

それから、忘れちゃいけないのがロシアン・ルーレット。
すごくえげつないというか・・・。
言ってみれば戦争中の娯楽といってもいいぐらい、
お金は飛び交うし、生死もかかってくるし。
ほんと死ぬ気のギャンブルって感じですね。

でも、戦争中は気が狂ってたんだと思いますよ。
だってそうでもないとロシアン・ルーレットなんてはやるわけがない。
あんな命がけなゲーム・・・。
誰がやるんだよって感じです。
そりゃ半ば強制的だと思いますけど。

最後のほうはえぇ~こんなんでいいの??ってかんじでした。
結局は狂ってしまった男、あきらめた男、帰還した男って感じの3人。
もう再開することも出来なかったんですね・・・。
そう思うと切なかったです。
あれだけペンシルベニアが好きだっていってたのに。
やっぱり戦争はなにもかもを奪ってしまうなぁって改めて感じました。

総評★★★☆(10点満点中7点)
この作品はほんと分かれると思います。
いろいろレビュー読みましたけど、ほんと様々。
私は・・・まぁ、悪くはないレベル。

ただ、長かったのと、ストーリーがわかりにくかったからこの評価。
しかし、クリストファー・ウォーケンよいですね★
彼を見たさに借りたので、その点では大満足です!!
スポンサーサイト
金曜日でございま~す。

今回はドーンと3作品。
邦画1作、洋画2作をお届けします。
こうやって来るときは一気に来るのね・・・。


伝染歌
実は同じような題材の映画を見たことがあってそれがめっちゃ好きです。
ハンガリー映画で危うさ漂ってて。
この元にもなってる「暗い日曜日」という曲。
曲を実際聴いたら確かにとりつかれ自殺したくなるのも納得。
なぜか、聞いたら忘れられないそんなフレーズを持っています。

松田龍平もだけど、伊勢谷友介も引っ張りだこだなぁ。
はたして、どんな感じに出来上がってるのか。
しかし、なんで「でんせんか」じゃなくて「でんせんうた」と読ますのだろう。
「でんせんか」のほうが合ってる気がするのは私だけ??

シッコ
ご存知マイケル・ムーアの問題作。
みんなが背けたくなるような問題にあえてチャレンジするのが彼。
今回取り上げたのは医療問題。
しかもそのために自分も20kgやせたんだからすごい。見上げた根性だ。
自分の悪いところを治してからのほうが説得力が出たのかな。

こうやって隠れてる部分を自覚させる系の映画って気になります。
驚きというよりも唖然としてしまう。
いったいこれまで何をしていたのかといいたくなってしまう。
そういう部分も含めて考えるきっかけになりえそうな映画です。

ショートバス
NYを舞台に本当の”セックス”と”愛”を描いた作品。
7人の登場人物たちが集うサロンの名前がショートバス。
さまざまな悩みを抱えた7人がいつのまにかつながっていく。
「あなたは一人じゃない」めっちゃグッとくる。

ヘドウィグの監督が描く感動のラブストーリー。
ラブストーリーってそんなに興味ないのだけど、珍しくひかかった。
ラブストーリーでも人と人とが複雑に絡み合うものは見ていておもしろいからかな。
音楽がYo La Tengoなのにびっくり。
確かに映画のムードと合いそうな気はするけどね。

そのほかの明日公開の作品
●童貞。をプロデュース●たとえ世界が終わっても●親父●ラッシュアワー3●私の小さなピアニスト●厨房で逢いましょう●阿波DANCE●スピードマスター●Life 天国で君に会えたら●Taxi4●

ラッシュアワーといいtaxiといい続いてますね。
やっぱり気分爽快系アクションものはシリーズ化しやすいのかなぁ。
Taxiは2のときに忍者(ニンジャ)と長官(ニアック)で進め止まれしてたのを思い出すだけで笑ってしまいますよ・・・。
lambs


羊たちの沈黙
(The Silence of the Lambs)
91年・アメリカ・118分

監督  ジョナサン・デミ
出演  ジョディ・フォスター,アンソニー・ホプキンス,スコット・グレン,テッド・レヴィン,アンソニー・ヒールド,ケイシー・レモンズ,ダイアン・ベイカー,ブルック・スミス,フランキー・フェイソン,ロジャー・コーマン,チャールズ・ネイピア,ジョージ・A・ロメロ

簡単なあらすじ
大柄な白人女性を誘拐し、皮を剥いで殺害するという連続殺人事件が発生。その捜査に行き詰ったFBIは新たにをFBI訓練生のクラリスを捜査員として任命する。その彼女に与えられた任務は9人の患者を惨殺して食べた獄中の天才精神科医レクター博士に協力を求め、心理的な面から犯人に迫ることだった。レクター博士は捜査に協力する代償として、彼女自身の過去を語らせる。息詰まる心理戦の果てに導き出された答えとは・・・。

この映画はようやくみたって感じ。
しかも朝っぱらから(^^;)
夜見たらコレは怖いわ・・・。
そういう意味では朝じゃスリルなかったなぁ。
でも最近朝の寝覚めに映画見るのが習慣化しつつあるかも。

実はレクター博士もっと怖いと思ってました。
でも、思ったほどじゃなくてホッとしてます(笑)
しかも、ほとんど牢屋でのシーンしかでてこないし。
さすがにあの仮面(?)は怖かったけど。

クラリスとレクター博士のやり取りは素直に面白かった。
なんというか言い知れぬハラハラ感があったかんじ。
常に1歩上を行く博士がさすがだなぁ~。
クラリスはいつまでたっても言い負かせないかんじ。

実は殺人事件のために2人が関わることになるんだけど・・・。
あんま印象に残っていないんだよなぁ~。
クラリスが追い詰めたのに。
しかも、結構卑劣な殺人鬼だったんだけど・・・。
所詮は脇役ってかんじ(^^;)
あくまでこの映画の場合はね。

でも、蛾が出てくるところが気持ち悪かった(>△<)
家が結構複雑で扉を開けるたびに目を背けてました・・・。
ほんとあそこが出てくるところにビクビクしてました。
だって・・・見てられなかったんだもん。

一番ビックリしたのは、入れ替わってるとこかな。
私は全然気づきませんでしたよ。
怪しいなぁ~とは思ったけどね。
ほんとびっくりした~。

事件解決後連絡してくるシーンもよかった。
レクター博士の執着っぷりがありありとわかります。
続編になってるけどこれ以上の傑作ははっきり言ってできないよ。

総評★★★☆(10点満点中7点)
アンソニー・ホプキンスの逝っちゃってる感じがなんともいえない。
彼これで脚光を浴びた理由がなんとなくわかります。
それほどはまってました。

アカデミー賞とった作品にしては珍しいタイプな気がします。
お待たせしました、金曜日でございま~す。

今回もすみませんが1作品で。
意外と興味を引く作品って現れないものですね・・・。



恋するマドリ

このタイトル最初に見たときマドリって名前の子が恋する話だと思っちゃいました(笑)これぞカタカナマジック。
予告編を見て納得間取りのことかぁ~って(^^;)
初々しい一人暮らしスタートの話らしくなんかいいなぁ。

キャスティング的にも惹かれます。
タイムリーなことに松田龍平と菊池凛子にはまってるだけに見たいかもと。
2人ともあくの強いキャラを演じれるだけあって期待。
今回をそうだとは限らないけどね。

そのほかの明日公開の作品
●Tokyo Real トウキョウ・リアル●純愛 JUN-AI●プライスタグ●スプリング・ディズ●WHITE EXICO ホワイト・メキシコ●大ちゃん、大好き●キャプテン●22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語●長江 哀歌●酔いどれども詩人になる前に●遠くの空に消えた●ベクシル 2077 日本鎖国●

ベクシルはアニメーションって聞いてビックリした記憶が。
最近の映像技術にはほんと驚かされます。
それと、遠くの空に消えたのビラの神木君が女の子に見えて仕方がない。
AP


アメリカン・サイコ
(AMERICAN PSYCHO)
02年・アメリカ

監督  メアリー・ハロン
出演  クリスチャン・ベール,ウィレム・デフォー,ジャレッド・レト,ジャスティン・セロー,クロエ・セヴィニー,リース・ウィザースプーン,
サマンサ・マシス

簡単なあらすじ
1980年代後半のニューヨーク。若くして成功した超エリート証券マンのパトリック・ベイトマン。一見完璧そうに見える彼が普通に生活していく中で、突如衝動に駆られ、夜の街で浮浪者や娼婦などを無差別に次々と殺害していくのだが・・・。同名の小説を完全映画化。

ちょっと怖い系の映画が見たくて借りてみた。
てか、クリスチャン・ベールってこんな役柄ばっかりじゃない??
マシニストもそんなかんじだし・・・。
まぁ、好んでやってるならいいけど(笑)
(とかいいつつもバッドマンやってたんだ・・・)

この映画キャスティングが意外と豪華。
リーズ・ウィザースプーンとかビックリ。
もう大物女優の仲間入りしちゃってますが・・・。
なんとなく新鮮。
あと、クロエ・セヴィニーも素敵。

なんかエリートの成れの果てを観ているようでした。
みんなこんな狂気かかえてたら怖いですけど。
なんかシャキシャキっとして争って・・・。
気がめいりそうです。

特に名刺の見せ合いっこ(?)のシーン。
あれは強烈・・・。
あんな細かい違いをどうやって楽しむんだか・・・。
というかどこがどう違うのかさっぱりわからなかった(^^;)

それから、殺人シーンがおそまつ。
ちょっとギャグじゃない??
最初はまだよかったんだけどなぁ~。
緊迫感もあったし。

最後のほうは・・・。
特にチェーンソー突き刺すところとか。
もうそこまでやるかってかんじでした。

総評★★(10点満点中4点)
オチは黙っときますんで気になる人はみてください!!
エリートの暮らしっぷりはよくわかりますよ~。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。