勝手にCINEMAを斬る!?ズバッと映画批評★

ジャンルは様々、私が見た映画を大紹介♪♪今放映しているものから名作までいろいろ紹介していく予定。最近は火・金で更新中。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
time


時をかける少女
(The Girl Who Leapt Through Time)
06年・日本・98分

監督  細田守
出演  アニメのためなし

簡単なあらすじ
故障した自転車で遭遇した踏切事故をきっかけに、時間を跳躍する能力「タイムリープ」を得た主人公真琴。使い方を覚え自分の都合のいい生活を送るため過去と未来を奔走する。そんななか友人千昭の告白をきっかけに友人関係が微妙なものに。真琴はなかったことにしようと過去に戻るのだが・・・。

これかなりいいって聴いてて気にはなってた。
わけあって途中から見始めたのだけど雰囲気に呑まれた。
最近味わってない緊迫感だったから。

時間を止めて話すシーンとかほんとすごい。
当たり前だけど、何が起こったのかわからない。
その驚きと真実を知ってしまう悲しみ。
それらがうまく出ていた。

いきなり真実を知ってわけもわからずもやもや。
なくして初めて自分の気持ちを知る主人公。
すごく切ないなぁ・・・。

そして、Time waits for no more。
この言葉が胸の中で鳴り響いた。
まさにそのとおり。
時間は待ってはくれない。
だからこそ、後悔しない行動を。

待ち合わせにちこくするようなら走って迎えに行く。
って励ましてたおばさんが役得。
それにしたがってポジティブに行動に移す主人公も素敵。

時間軸がいきなりズレるところに少し混乱するかも。
まぁ、私の場合時間軸めちゃくちゃな映画好きだから関係なかったけどね(笑)


総評★★★★(10点満点中8点)


個人的にいろいろとハッとさせられることが多かった。
かなりの良作アニメーション映画。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinecinema.blog39.fc2.com/tb.php/76-bab18bc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。