勝手にCINEMAを斬る!?ズバッと映画批評★

ジャンルは様々、私が見た映画を大紹介♪♪今放映しているものから名作までいろいろ紹介していく予定。最近は火・金で更新中。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25hour


25時
(25th Hour)
02年・アメリカ

監督  スパイク・リー
出演  エドワード・ノートン,フィリップ・シーモア・ホフマン,バリー・ペッパー,ブライアン・コックス,トニー・シラグサ,ロザリオ・ドーソン,アンナ・パキン

簡単なあらすじ
アメリカのニューヨーク。ドラッグディーラーのモンティは明日、収監される。刑期は7年。はたして自分を逮捕に追い込んだのがだれなのか??そして、刑務所の中で体験するであろう恐怖の予感などなど。さまざまな思いを胸に、残された最後の自由な24時間を、彼はどう過ごすのだろうか・・・。

え~っともちろんエドワード・ノートン目当てで借りました。
彼ってすごくいろんな役やってますよね??
でもどの役も万能にこなすからすごい。
今回の役も変わってましたよ!!

で、本編です・・・。
まず、25時ってタイトルなんでつけたんだろうって思ってたんだけど。
これは刑務所に入るまでの時間てか期限よね??
なら納得です!!

次に、つかまえられたのは誰のせいかって話。
私も奥さんだと思い込んでました。
ということはまんまと出しぬかれました。
そういえば、あの人が言ったから思い込んじゃったわけで。
コチラも納得です・・・。

家に報告するシーンに関して。
父親が結構味が出てるかんじ。
あのトイレの鏡越しの悪口シーンは好きだなぁ~。
すごい新鮮だった~でも意外と長いことやってたよね(^^;)
個人的にあれをラップにしたらどうなるのか気になります(笑)

夜はクラブで過ごすんだけど・・・。
ん~切ないわ~。
なんか次の日刑務所ってことで、その暗さが先行してるかんじ。
てかアンナ・パキンあんなキャラだったっけ??

友情は時には残酷だなぁ~って思いました。
たしかに、言うこと聞いてくれるのも友情だとは思うけど。
なんかなぁ~最後やけっぱちじゃん。
でもそれも一つの形なのかな。

父とのドライブは素直に切なかった。
う~んあれ夢だったんだろうけど、リアルな現実に感じた。
そうやって逃避したい気持ちの現れでしょうか。
ちょっと涙しました。

総評★★★☆(10点満点中7点)
なんか新鮮な映画ではあった。
いつもとは違う感じ。
でもって差し迫ってるみたいな。

やっぱりエドワード・ノートンはかっこいい。
またまた惚れ直しました。
次はアメリカンヒストリーXにそのうち挑戦します。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
montanaさん★
あらま~意外。
でも結構かわったのが多いなぁ~。
僕たちのアナバナナは今度借りてこようと思ってるのだ♪♪
まだレビュー書いてないけど、アメリカン・ヒストリーXも強烈だったよ(>△<)
ファイト・クラブももちろんよかったよ♪♪
ブラピよりも存在感がある気が(^^;)
2006/05/01(月) 22:47:05 | URL | ぴーなっつ #-[ 編集]
エドワード・ノートンの出てる作品ってあんまり見てないな。よく覚えているのは「僕たちのアナバナナ」くらい。「ファイト・クラブ」はやはり見るべきかな。あの極彩色のメキシコ映画の脚本も書いてるんだよね。
2006/05/01(月) 12:52:59 | URL | montana #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinecinema.blog39.fc2.com/tb.php/67-62f7213d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。