勝手にCINEMAを斬る!?ズバッと映画批評★

ジャンルは様々、私が見た映画を大紹介♪♪今放映しているものから名作までいろいろ紹介していく予定。最近は火・金で更新中。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fightclub


ファイト・クラブ
(FIGHT CLUB)
99年・アメリカ・139分

監督  デヴィッド・フィンチャー

出演  エドワード・ノートン,ブラッド・ピット,ヘレナ・ボナム・カーター,ミート・ローフ,ザック・グルニエ,ジャレッド・レト

簡単なあらすじ
主人公は保険会社に勤めているが、数カ月間不眠症に悩んでいた。そのため、さまざまな病気を抱える人々が集まる「支援の会」に通い始め、泣くことに快感を覚えるようになる。ある時、そこで中毒の女マーラに出会う。また出張先の飛行機ではチンピラのような男タイラーと知り合う事に・・・。そんなある日タイラーに誘われ、殴りあうことで自己を開放する「ファイト・クラブ」に参加するようになる。しかし、次第に自分自身をコントロールできなくなっていく・・・。


Mr&Ms.Smithが見に行きたくなってこの作品を・・・。
そのうち行けたらいいなぁ。
なんかアンジェリーナ・ジョリーとの痴話げんかが面白いらしい。
設定的にも気になったしね。
それでは感想をどうぞ~。

久々に爽快感を感じた映画だった!!
なんていうか最後の最後まで見事わなにはまりましたって感じ??
ほんとやられましたよ・・・。

たぶん、最初の不眠症ってところから仕組まれていたのかなぁ??
いつのまにか、え?え?って感じになっていて・・・。
とても展開がSPEEDYだった。
ところどころに思わせぶりなシーンが混じっていたのに
全然気づかなかったですよ。
そのくらい、異様な雰囲気にのまれていたということでしょうか??

あと、何も口外するなという言葉が
ますます謎を深める言葉となっていると思う。
確かに、そこを教えてしまわれたらこの映画のつくりというか根本が
すべてわかっちゃうもんね(汗)
この映画って、すごい人間の思い込みの激しさが露骨に出てるなぁ。

まぁ、私も結構そういうところありますし・・・(笑)
思い込みがあまりにも強すぎて、いつのまにか憧れを抱いている
架空の人物を作ってしまったのかなぁ??
あまり感じたことのないShockingな展開に息を呑んでください!!

それと、エドワード・ノートンにおみごとというしかありません。
彼よく2面性を使い分けていたと思います。
ブラッド・ピットとの競演で話題をよんでいたけど・・・。
ブラピなんか目じゃありません!!
なんていうか奇妙な二面性を持った男を・・・ほんと迫真の演技でした。
もちろんブラピもかっこよかったし、すごかったけどね(笑)

この映画よく考察されているのを見かけます。
それだけ、やっぱり意味不明だったというか、
メッセージ性が高かったというか。
たしかに、いろいろと複雑に作られているので
考察するのも楽しいかもしれませんね。
時間があれば、是非ちゃんと考察してみたいなぁ~♪♪


総評★★★★☆(10点満点中9点)
ここまではじけてる映画はなかなかないので。
個人的には女の人向けではないかも・・・。
でも、チャレンジしてみるのもいい冒険だと思う。
ストレス発散したい方には特にいいかもね(笑)


明日はアンジェリーナ・ジョリーの映画を書く予定!!
いったいなんでしょうか??
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinecinema.blog39.fc2.com/tb.php/6-e466b76a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。