勝手にCINEMAを斬る!?ズバッと映画批評★

ジャンルは様々、私が見た映画を大紹介♪♪今放映しているものから名作までいろいろ紹介していく予定。最近は火・金で更新中。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Chorus



コーラス
(The Chorus/Les Choristes)
04年・フランス/スイス/ドイツ・97分

監督  クリストフ・バラティエ
出演  ジェラール・ジュニョ,フランソワ・ベルレアン,ジャン・バティスト・モニエ

簡単なあらすじ
1949年フランスの片田舎。失業中の音楽教師マチューが「池の底」という寄宿舎に赴任してきた。素行不良で家族と暮らせない子供や親のいない子供が生活するこの学校で、彼は生徒たちの嫌がらせに辟易しながらも、子供たちの暗い瞳に希望を与えたいと、合唱団を結成し、歌を歌う喜びを教えることに。最初は半信半疑だった生徒たちも次第に歌に夢中になっていく。そんなある日、マチューは誰もいないはずの教室から美しい歌声を耳にする。それは学校一の問題児、ピエールだった・・・。

コーラスです!!
そして、相変わらずフランス映画(笑)
まぁ、運命の巡り会わせということで。
でも、今までのとちょっと系統が違う気がするよ。
田舎の話だからかなぁ??

内容に関しては、ずっとあのポスターの男の子の話しかと思っていたら
なんと先生がメインの話だったのね・・・。
たしかに先生もいい味出してたけど。
校長先生の嫌がらせを受けつつもそれに屈さない姿がよいなぁ~。

主役っぽい男の子は声がとてもきれい★
これぞ、ボーイソプラノ。これぞ天使の歌声。
このころを逃すともう出すことができない声!!
というか子供はどの子も特徴あったよなぁ~。

なんか、問題を抱えている子供たちを更正させる的な話でした。
舞台が寄宿舎だったしね。
その対策(?)として、合唱団を結成させたからタイトルがコーラスかぁ~。
フンフン、なるほど~。

一番泣けたのは、見送りにこないで紙飛行機の手紙を飛ばすシーンでした(><)
もうここだけでぐっと涙が溢れましたo(;△;)o
あっけないお別れだ~と思った矢先だったので。
見た瞬間、ちゃんと見送ってもらえててよかったよって。

でも、この先生が少し哀れだったり・・・。
かなわない恋までしちゃって(汗)
あくまで、おまけの範囲だと思いますがね。

総評★★★☆(10点満点中7点)
この映画実は劇場まで足運んでみました。
だからそれなりに思い入れが・・・。

普通に子供が努力しているすがたはとっても元気が出ます。
健気だしね~。
最初唐突かもだけど、最後には全部わかるしね。
上でも書いてるけどジャン・パティスト・モニエ君の美声に酔ってください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinecinema.blog39.fc2.com/tb.php/59-cce5ba56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。