勝手にCINEMAを斬る!?ズバッと映画批評★

ジャンルは様々、私が見た映画を大紹介♪♪今放映しているものから名作までいろいろ紹介していく予定。最近は火・金で更新中。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SIC


セブン・イヤーズ・イン・チベット
(Seven Year In Tibet)
97年・アメリカ・139分

監督  ジャン=ジャック・アノー
出演  ブラッド・ピット,デヴィッド・シューリス,B・D・ウォン,マコ

簡単なあらすじ
1939年の秋。オーストリアの世界的登山家ハラーは、世界最高峰の制覇を目指しヒマラヤ山脈へと向かった。戦争がきっかけで故郷にもどれなくなった彼らは、やがてチベットへたどり着いた。そこで若きダライ・ラマの教師となって、激動のチベットで7年をすごすことに。登山家としての名誉と夢だけを追い続けていたハラーは、自らを再発見することになる。ハラーという登山家の数奇な運命を描いていた実話。


最近仏教も奥が深いなぁ~って改めて感じています。
タイに行ってタイの人の心の寛大さに惹かれたのか??
はたまた手塚治虫のブッダが頭に残っているのか・・・(笑)
いずれにせよ、少し見直しつつあり、感銘を受けつつもあります。
かくいう日本人もある意味仏教徒なんですがね。

この話はDVDで見て久々に泣きました。
チベット仏教ってまたちょっと変わってるんですけど、
なんていうか心にジーンと響きました。
それでは感想です!!

まずは、映像がすごく素敵でした☆
雄大なる山脈に囲まれた独立国家チベット。
外界とは隔離というか接触をあまり持たない彼らの秘境。
それがものすごくきれいにでてました。
やっぱり一度でいいからラサのポタラ宮にも行ってみたいなぁ~。

そんなチベットの人たちは、外人(特に欧米人)に対して
あまりいい印象を持ってないわけで・・・。
そこに登山家のハラーたちが突然やって来たときにいったんは拒絶します。
ここまで、徹底して追い払うか~って感じですが、
へんてこりんな文化を持ち込まれるよりは彼ら的にはいいのかなぁ??

でも、興味津々の幼いダライ・ラマの裁量により、
チベットでの滞在を認められることに・・・。
このダライ・ラマはむしろもっと外のことが知りたいって感じでしたね。
逆に周りの大人は結構しきたりとか習慣とか枠にこだわってましたね。
ちょっと大人と子供の違いって感じ??

ハラーはダライ・ラマと接していくうちに自分にたりなかったものを見出します。
故郷に残してきた妻や息子とも関係がよくなかったし、友人ともギクシャク。
そんなあまり人当たりのよくなかった彼がダライ・ラマに接していくことで、
心が豊かになっていくのを目の当たりし、こっちまで心が広く感じました。

最後のほうは中国との闘争が起こるんですが・・・。
チベットがこんな扱いをうけていたなんてしりませんでした。
今は結局独立国家のままなのか中国に結局組み込まれたのかわかりませんが。
なんで、人間は侵略ばかりをくりかえすのでしょうか??
なんか改めて戦争についても考えさせられました。

総評★★★★☆(10点満点中9点)
その中国が侵略してくるシーンの幼いダライ・ラマの静かなる奮闘。
そのときの大臣たちの葛藤。
ハラーがダライ・ラマと息子を重ね、故郷に戻って対面・・・。
ハラーがダライ・ラマとの接触で心を取り戻すシーンで涙。

この映画でいろんな意味で自分のちっぽけさがわかりました。
幼いダライ・ラマが教える仏教の理とか志とか。
ほんとに心に響きました。
個人的にいろんな意味で原点に返れる作品かも・・・。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinecinema.blog39.fc2.com/tb.php/51-769c97ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。