勝手にCINEMAを斬る!?ズバッと映画批評★

ジャンルは様々、私が見た映画を大紹介♪♪今放映しているものから名作までいろいろ紹介していく予定。最近は火・金で更新中。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お久しぶりです☆
あれよあれよというまに4月になってしまいましたね。
てなわけで、普通に復活します(笑)
今日がエープリルフールだからってうそじゃないです。
また、たくさん感想書いていくぞ~♪♪


paristexas


パリ、テキサス
(Paris,Texas)
84年・西ドイツ/フランス

監督  ヴィム・ヴェンダース
出演  ハリー・ディーン・スタントン,ディーン・ストックウェル,ナスターシャ・キンスキー

簡単なあらすじ
アイデンティティーと居場所を見失った男が、徐々に失ったものを取り戻していくロードムービーの傑作。記憶を失った主人公トラヴィス。彼は、自分がこの世に生を宿した場所、テキサスの砂漠「パリ」を探す放浪の旅に出る。暑さと疲労で倒れた彼は、弟に引き取られてロサンゼルスに連れ帰られる。そこには4年前に別れた息子ハンターがいた。そして、妻=母親を捜す旅の始まりでもあった。

復帰弟1弾はこの作品で!!
前々から見たかった作品で、ようやく見ることができました。
なんていうか感無量です(笑)
しばらくヴィム・ヴェンダースにはまる予感・・・。
それではどうぞ~♪♪

まず、音楽が素敵だった。
やっぱりいい映画の条件として音楽ははずせませんね。
音楽と映像が合ってなかったら確かに「は!?」って感じですもん。
まぁ、好みとかの問題はもちろんあって当然ですけど。

最初砂漠の中を歩くシーンから始まるんですけど・・・。
これマッチしすぎでしょ??
メキシコを歩いていて、曲調的にも私好みだったのは認めるけど。
ずっと響いているギターの音は正直めっちゃ切ないです(>△<)

途中で弟と再会し弟夫婦に預けられていた息子に会うんですが・・・。
やっぱりなかなか受け入れてくれませんね。
そりゃ小さいときに分かれたんだから、すんなり受け入れるはずもなく。
でも、学校に迎えに行くたびに嫌がってたのがだんだん解消されていくのがなんとも自然でした。
対岸で歩いて帰るシーンなんかほんと心温まります。

その後母親探しに出かけるんですが。
さすが親子!!一緒に行くことになりましたね。
しかしハンターはほんと大人だよ。

風俗店のとある部屋で鏡越しで話すシーンはジーンです。
なんか不思議なんだけど、たまらなかったです。
一方通行なのが独特感をさらに引き立てていました。
マジックミラーのまさにマジック!!

結局話している間に明かしてしまいました。
母親と息子の再会を遠くで見守る父親に涙。
あなたはいずこに・・・。
自分は!?親子3人の再会はなし??
まぁ、この終わり方は好きでしたけどね。

総評★★★★☆(10点満点中9点)

こんなに淡々としていて切ない映画はじめてです。
多くは語られなくともじわじわ伝わってくる。
久々に出会ったよい映画でした。
これはもう1回観てもよいなぁ~!!




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
カゴメさん★
バグダッド・カフェは一回借りたんですけど、バタバタしていてそのまま返してしまいました(>△<)
こっちもとても素敵な映画だっていうのを常々耳にします。
パリ・テキサスと系統が似てるならますます見たくなってきました(笑)
映画は映像美と音楽のマッチングに限ります!!
ヴィム・ヴェンダース作品だとあとベルリン天使の詩を見ようと思ってるんですけど見ましたか??

TBは大歓迎なのでじゃんじゃんしていってくださいね★
2006/04/19(水) 07:16:29 | URL | ぴーなっつ #-[ 編集]
TBさせてくらさい
検索で貴記事を発見!拝読させて頂きました。

ドイツ人の監督かアメリカを舞台に取った映画では、
これと「バグダッド・カフェ」が両雄ですね。
どちらも音楽と映像美が素晴らしい。
そして何とも情緒的で…。
物語のベクトルは逆だけど、どちらも力一杯のお奨めですね。

ということで、私の記事、TBさせてくらさい。
(ブログの趣旨にそぐわないと判断された場合には、遠慮無く削除して下さいませ)
2006/04/18(火) 19:02:38 | URL | カゴメ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinecinema.blog39.fc2.com/tb.php/48-3d693c7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。