勝手にCINEMAを斬る!?ズバッと映画批評★

ジャンルは様々、私が見た映画を大紹介♪♪今放映しているものから名作までいろいろ紹介していく予定。最近は火・金で更新中。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
lambs


羊たちの沈黙
(The Silence of the Lambs)
91年・アメリカ・118分

監督  ジョナサン・デミ
出演  ジョディ・フォスター,アンソニー・ホプキンス,スコット・グレン,テッド・レヴィン,アンソニー・ヒールド,ケイシー・レモンズ,ダイアン・ベイカー,ブルック・スミス,フランキー・フェイソン,ロジャー・コーマン,チャールズ・ネイピア,ジョージ・A・ロメロ

簡単なあらすじ
大柄な白人女性を誘拐し、皮を剥いで殺害するという連続殺人事件が発生。その捜査に行き詰ったFBIは新たにをFBI訓練生のクラリスを捜査員として任命する。その彼女に与えられた任務は9人の患者を惨殺して食べた獄中の天才精神科医レクター博士に協力を求め、心理的な面から犯人に迫ることだった。レクター博士は捜査に協力する代償として、彼女自身の過去を語らせる。息詰まる心理戦の果てに導き出された答えとは・・・。

この映画はようやくみたって感じ。
しかも朝っぱらから(^^;)
夜見たらコレは怖いわ・・・。
そういう意味では朝じゃスリルなかったなぁ。
でも最近朝の寝覚めに映画見るのが習慣化しつつあるかも。

実はレクター博士もっと怖いと思ってました。
でも、思ったほどじゃなくてホッとしてます(笑)
しかも、ほとんど牢屋でのシーンしかでてこないし。
さすがにあの仮面(?)は怖かったけど。

クラリスとレクター博士のやり取りは素直に面白かった。
なんというか言い知れぬハラハラ感があったかんじ。
常に1歩上を行く博士がさすがだなぁ~。
クラリスはいつまでたっても言い負かせないかんじ。

実は殺人事件のために2人が関わることになるんだけど・・・。
あんま印象に残っていないんだよなぁ~。
クラリスが追い詰めたのに。
しかも、結構卑劣な殺人鬼だったんだけど・・・。
所詮は脇役ってかんじ(^^;)
あくまでこの映画の場合はね。

でも、蛾が出てくるところが気持ち悪かった(>△<)
家が結構複雑で扉を開けるたびに目を背けてました・・・。
ほんとあそこが出てくるところにビクビクしてました。
だって・・・見てられなかったんだもん。

一番ビックリしたのは、入れ替わってるとこかな。
私は全然気づきませんでしたよ。
怪しいなぁ~とは思ったけどね。
ほんとびっくりした~。

事件解決後連絡してくるシーンもよかった。
レクター博士の執着っぷりがありありとわかります。
続編になってるけどこれ以上の傑作ははっきり言ってできないよ。

総評★★★☆(10点満点中7点)
アンソニー・ホプキンスの逝っちゃってる感じがなんともいえない。
彼これで脚光を浴びた理由がなんとなくわかります。
それほどはまってました。

アカデミー賞とった作品にしては珍しいタイプな気がします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>にしこーさん
ほんと遅くてすみません。
レクターシリーズはまだこの作品しか見てないですね。
ハンニバル・ライジングは借りようとしたらまんまと振られました(笑)
殺人鬼の中ではほんと強烈な存在感ですよね~レクター博士。
続編は今度こそ借りてみてみます!!
2007/09/10(月) 01:07:37 | URL | ぴーなっつ #-[ 編集]
こんばんわ。

レクターシリーズは大好きです!殺人鬼なのにあんなに魅力的なキャラクターは他にはいないですね。ハンニバル・ライジングも結構イイ感じでしたよ。
2007/09/01(土) 21:28:25 | URL | にしこー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinecinema.blog39.fc2.com/tb.php/44-c41b66d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。