勝手にCINEMAを斬る!?ズバッと映画批評★

ジャンルは様々、私が見た映画を大紹介♪♪今放映しているものから名作までいろいろ紹介していく予定。最近は火・金で更新中。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
harrypotter3


ハリーポッターとアズカバンの囚人
(HARRY POTTER AND THE PRISONER OF AZKABAN)
04年・アメリカ・142分

監督  アルフォンソ・キュアロン
出演  ダニエル・ラドクリフ,ルパート・グリント,エマ・ワトソン,アラン・リックマン,マギー・スミス,
ロビー・コルトレーン,マイケル・ガンボン,ゲイリー・オールドマン,デヴィッド・シューリス

簡単なあらすじ
ハリーはホグワーツ魔法魔術学校3年生に進級。今回はマージおばさんを膨らませてしまったことが原因でダーズリー家から逃走。運よく通りかかった夜騎士(ナイト)バスにのり魔法使いの世界へ。だがそのときグリムという縁起のよくない黒い犬を見てしまう・・・。また、バスの中では例のあの人の信者だったとされるシリウス・ブラックが脱獄したと聞かされる!?そのためアズカバンの看守ディメンターがところどころで徘徊するようになってしまい・・・。次々と意外な真実が少しずつ明らかになっていく3作目です!!


さてさて、一応今日がハリポタ特集ラストです。
当たり前といえば当たり前か・・・(^^;)
さぁ、気合い入れていきましょう(笑)

個人的にこの話が一番好きです☆
映画は、はしょりすぎてる感が否めないけど原作は最高!!
ほんと映画・原作にかかわらず毎回涙しています。
先日DVD見ててもついついポロリ・・・。
別の意味で原作の5巻も大泣きしましたけどね。

なんで好きなんだろ??
新しく出てくる人たちがいい人たち過ぎるせいかなぁ??
ルーピン先生は人狼だけどすごくいい人だし、
シリウスはげっそりしてるけど素敵だし(笑)
両方ともハリーの両親の知り合いってことで
なにかしらの親近感がもてたはず・・・。
(こういう話ってどうしても主人公視点になっちゃいますよね)

あと、ものすごく守護霊の呪文が好きです(笑)
エクスペクト・パトローナム 守護霊よ来たれ~♪
わぁ~かっこいいわ!!
しかも、シリウスを助けるためにディメンター追い払うんですよ。
もう、ここが一つ目の泣けるシーンでした(ウルウル)

ほかは、ものまね妖怪ボガート!!
自分の怖いものに変身するやつ。
怖いものが、面白いものに変わる瞬間はうけるわ。
どれだけ面白いものにかえられるかって(* ̄m ̄*)ププッ
蜘蛛がすべったり、月が風船になったり。
これぞ、正真正銘ファンタジーだわ。

それからこの話のKEYだと思われるディメンター!!
原作読んだときはもっと大きいのを想像していただけに・・・。
あんな小さいやつが幸福を吸い取っていくように見えますかね??
もうちょっとドーンとあたりをふさぐようなイメージを
持っていたためなんかなぁ~。
だって、生きてる心地がしないんだから。
もっと怖々しい感じでもよかったんじゃないかなぁ??

今回からホグズミードにいけるようになります。
三本の箒のバタービールとか。
ゾンコのいたづら専門店とか。
さけびの屋敷とか。
なんで3年になるまでダメだったんだろう??

忍びの地図はすごい優れもの。
だって、みんなの位置が把握できちゃうんだもん。
あんなものよく学生時代につくったよなぁ~。
抜け道にしてもあんなにたくさんあったのかぁ~。
と妙に感心してしまいました。
でも、フレッドとジョージはどうやって開き方知ったんだろうか??

それにしても今回はずせないのが謎解きシーン!!
まさかまさかのどんでん返し!!
こんなところにも伏線が!?
みたいにほんと衝撃的でした。
ここは映画は簡潔にしかやってないから
原作じっくり読むべきとこだよ。

タイムターナーで時間を戻して、
シリウスもバックビークも救うところもいいです。
ただ、ピーター・ペティグリューを捕まえられないことが残念。
せっかく真実がわかった後だけにやるせなかったよね。
しかも、時間を戻してるんだから!!
捕まえたくなる気持ちがわからなくもないです。


この巻が内容的には一番濃かった!!
その分悲しみも大きかったし。
なにより真実がたくさん明らかになります。
映画じゃわからない部分はやっぱり原作読むべし。


総評★★★★(10点満点中8点)

原作が好きすぎるのでこの点数です。

結局好きな順番というかビックリした順番
3>5>1>2=4って感じ??
映画だと4が一番作りやすかっただろうし出来もよかったと思う。


いかがでしたか??
ハリポタ特集!!
明日からは普通にざっくばらんに紹介していきます。
シリーズものはまた特集にするかもですけどね。










スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinecinema.blog39.fc2.com/tb.php/4-d999ad5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
恥ずかしくも日記かきますた。
2005/12/06(火) 15:09:14 | ネコちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。