勝手にCINEMAを斬る!?ズバッと映画批評★

ジャンルは様々、私が見た映画を大紹介♪♪今放映しているものから名作までいろいろ紹介していく予定。最近は火・金で更新中。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
minority report


マイノリティー・リポート
(MINORITY REPORT)
02年・アメリカ・145分

監督  スティーブン・スピルバーグ
出演  トム・クルーズ,コリン・ファレル,マックス・フォン・シドー,サマンサ・モートン,ピーター・ストーメア,キャスリン・モリス,ジェシカ・ハーパー,ロイス・スミス,パトリック・キルパトリック

簡単なあらすじ
西暦2054年ワシントンDC。政府は膨大な凶悪犯罪を防ぐ策として、予知能力者を利用して犯人を未然に逮捕するシステムを開発し、大きな成果をあげていた。そんなあるとき、このシステムを管理する犯罪予防局の刑事ジョン・アンダーソンは、自分が見知らぬ誰かを36時間後殺害するという殺人予告をされ、追う立場から追われる立場に・・・。自分は絶対殺人なんかおこさないと思っていても、皮肉なことに刻々と時間は迫ってくるのであった。

またまた金曜ロードショー!!
最近あたりが多いせいかよくみてます。
こうやって見たいのが入ってくれるとうれしいですよね。
それではどうぞ~。

これ実は1回DVDで観ました。
スピルバーグがこんな作品作るんだって思いましたよ。
なかなか近未来的でしかもちょっと現実味があって。
設定とかちゃんとしてるし、中身的にはおもしろかったと。

トム・クルーズもあんまあたり作ないですよね??
個人的にカクテルあたりは見たいと思ってるんですけど。
そういう意味では髪の毛もすっきりしてるし、いいんじゃない??
コリン・ファレルとのかけひきはよかったよ。

さてさて、この映画題名がマイノリティ・リポートってだけあって
少数意見も大切にしてくださいねっていいたかったんでしょうね。
開発者と話しに行った時も、システムの予測を確実させるためには
少数意見を切り捨てざるをえないと・・・。
その後トム・クルーズが冤罪もいたんじゃないかって怒ってました。
ほんと、すごいシステムだけどいい加減な。

でも、切り捨てざるをえないっていうのはしょうがない気がします。
よく多数決とかとるじゃないですか。
それも結局はマジョリティ>マイノリティで
少数派の意見も大事だけど、聞きまわるひまがないって感じです。
そう考えるとマイノリティの犠牲はつきもののような。

それが当たり前だと思われつつあるから、こんな映画作ったのかな。
いいところついてると思うよ。
最近の時代の流れ的にも、大多数の意見よりも
少数の個性的な意見がほしがるもんね。
だから、あながち悪い方向向いているわけではないのかも。

犯罪予知っていうのはほんと画期的です。
こんなのあったらそりゃ減りますよ。
特にアメリカなんか犯罪大国っていわれてるぐらいだし。
けん制の意味合いもあったのかなぁ。
実際どうだったんだろう??

総評★★★☆(10点満点中7点)
まぁ、2回目だったからね。
大概初見のときが一番インパクトあるもんね。
ちなみに1回目は8点つけました。
吹き替えも好きじゃない要員かなぁ(笑)

来週ロードショーが宮崎アニメ!!
「風の谷のナウシカ」
この作品は宮崎アニメ個人的にTOP3に入ってます。
久々に見ようかなぁ~。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinecinema.blog39.fc2.com/tb.php/33-5ae2e08a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
マイノリティ・リポート (2002) MINORITY REPORT公式サイトはこちら「ブレードランナー」、「トータル・リコール 」の原作者フィリップ・K・ディックの短編小説を、スピルバーグとトム・クルーズの大物コンビが映画化した近未来SFサスペンス。
2006/01/31(火) 18:44:30 | 碧色の小世界-プログ
『マイノリティ・リポート』予知能力者を利用し、犯罪を未然に阻止する2054年。ある日、犯罪予防局で働く主任刑事ジョン(トム・クルーズ)が、殺人犯として予知される。予知システムを疑問に思い、罠にハメられたと感じた彼は、真犯人を探すために、「マイノリティ・リポ..
2006/01/31(火) 14:40:50 | *モナミ*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。