勝手にCINEMAを斬る!?ズバッと映画批評★

ジャンルは様々、私が見た映画を大紹介♪♪今放映しているものから名作までいろいろ紹介していく予定。最近は火・金で更新中。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
long


ロング・エンゲージメント
(A Very Long Engagement/Un long dimanche de fiançailles)
04年・フランス・134分

監督  ジャン=ピエール・ジュネ
出演  オドレイ・トトゥ,ガスパール・ウリエル,ドミニク・ピノン,ジョディ・フォスター,ドニ・ラヴァン,チェッキー・カリョ,マリオン・コティヤール

簡単なあらすじ
第一次大戦下のフランス。前線の塹壕に連行される5人の兵士。彼らは刑のかわりにドイツ軍との中間地点に置き去りにされた。そのなかで最年少だったマネクの婚約者マチルドは終戦後も音沙汰のない彼の安否を気づかう。そして、マチルドはそこで起きたすべてを知ろうと調査を始める。その時、何があったのか?探偵を雇い、新聞に告知を出し、必死に捜索を続ける日々。そのなかで様々な出会いと証言を重ねていく。果たして、マネクを見つけることは出来るのか?

テストの1回目の区切りがきたのでご褒美(笑)
といってもほぼ一夜漬けだったんですけど・・・。
そういえば、フランス映画って初評価ですね。
結構いろいろな国の映画見てるつもりなんだけど、
最近は王道に突っ走りすぎてるからなぁ・・・。

この作品はアメリコンビの映画!!
やっぱり見せ方がうまい気がする。
部屋なんかもかわいらしいし。
細部にまでこだわってる感じが・・・。

ストーリーとしては戦争色濃いのかなぁと思っていたわりに、
結構回想というか想像としてでてくるだけで。
あんまり戦争映画好きじゃない人でも全然見れる作品です。
もっとも、ちょっとは残酷なシーンありますけどね。

ツボだったのは手紙を届けに来る郵便配達のおじさん。
彼めちゃめちゃお茶目でおもしろかったです(笑)
何回か出てくるんですけど、まだ見ていない人は注目ですよ?
特に届けにきたときを見逃さずに。

ただ、この映画2時間ほどなのにとても長く感じました。
話の内容自体は原作が小説って言うのもありおもしろいんだけど、
なんでこんなに長く感じたんだろ??
ちなみに、原作は「長い日曜日」ってやつです。
図書館で見つけたので今度借りて読む予定です★

あと、登場人物がわかりにくいです・・・。
ダビンチ・コードでも思ったんだけど、フランス人の名前って
たくさん出てこられると覚えてられない。
なんでかなぁ~??

特にこの映画は最初とある人物たちの人物像から始まるので、
ちゃんと5人のことを覚えていないと段々大変なことに・・・。
さらにその人たち以外にもキーパーソンが次々出てくるので、
ほんとごちゃごちゃになりますよ・・・。
わたしも、途中でわけがわからなくなって見直しましたし。

話はあっちに行ったりこっちに行ったりするんですが、
最終的には繋がってくるので、気長に見てください。
こういう最初は意味不明でも最終的には繋がる話好きなのかなぁ。

以外に恋人の出番少なかったなぁ~(笑)
ほとんど最初と最後だけじゃん。
でも終わりはハリウッド的じゃなくて好感がもてました。
なんか意味ありげな感じが想像力をふくらまさせられます。

というわけで総評★★★★(10点満点中8点)
新しい(今までにないような)感じの内容だったので新鮮でした。
フランスらしい斬新さが目立つ作品ではないでしょうか。

全体的なパリの街並みとか農村の風景なんかも素敵でした。
ずっとセピアがかったような色がついてるんですが
もちろん意図的にですよね??






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinecinema.blog39.fc2.com/tb.php/24-8440613a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。