勝手にCINEMAを斬る!?ズバッと映画批評★

ジャンルは様々、私が見た映画を大紹介♪♪今放映しているものから名作までいろいろ紹介していく予定。最近は火・金で更新中。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
rome


ローマの休日
(Roman Holiday)
53年・アメリカ・118分

監督  ウィリアム・ワイラー
出演  オードリー・ヘプバーン,グレゴリー・ペック,エディ・アルバート,ハーコート・ウィリアムス

簡単なあらすじ
ヨーロッパ旅行中のアン王女は、慣れない旅先でしばしば不眠に陥る。そのため医者に睡眠薬を打たれるが眠れず、側近の目を盗んで外に飛び出していく。外にでてしばらくして睡眠薬が聞き始め、道中で寝始めてしまう。そこでたまたま通りかかった新聞記者に助けてもらうことに。翌朝目が覚めたアン王女は、初めての外の世界で自分のやりたいことを存分に楽しむというアン王女だったが・・・。


実はこの作品見たことなかったんです(笑)
こんなこというと結構ビックリされそうですが・・・。
機会に恵まれなかったというか。
だからいい具合にロードショーでやってくれて嬉しい限りです☆
DVD借りる手間が省けたしね。

感想はというと、なんていうか素敵でした☆
さすがに王女様暮らしだと豊かな反面縛られちゃうんだなって。
訪問とか演説とかから開放された彼女はほんと生き生きしてましたし。
なんかロマンチックだなぁと改めて感じました。

髪の毛をばっさり切ったり、スペイン広場でアイスクリーム食べたり。
バイクに二人乗りしたり、警察に追いかけられたり。
これぞ、ラブコメディーの元祖だなぁと思った瞬間でした。
ちなみにいうとオードリー髪の毛切ったほうが似合ってましたね??

吹き替えの大げささにちょっとうけました。
だってまじで面白かったんだもん。
吹き替えと英語と変わるがわる見てたらわかりますよ。
でも、切り替えたとき全部が全部切り替わってた気が・・・。

白黒映像はやっぱりいいですね。
カラーにない表現ができるし。
なによりちょっと怪しげでミステリアス??
そういった雰囲気をかもし出しています。
白黒映画好きだわ!!

あと、グレゴリー・ペックが素敵だった!!
さわやか男前でちょっと癖のあるみたいな。
今でいうとジョージ・クルーニーとエドワード・ノートンを
足して割ったような顔の方だなぁ~って( ̄□ ̄;)
両方とも好きなんでかなり好みでしたよ(笑)
こんなこというとファンに怒られるかなぁ・・・。

総評★★★☆(10点満点中8点)
あんまラブストーリー好きではないんですけど、
今回みたいにちょっと変わってるやつは結構いけます!!
一筋縄じゃいかないのが面白いし。

それと、オードリーで思い出したこと。
オードリーって鼻高いでしょ??
My Fatherが鼻つまんでヘップバーンってよくやってくれたのですよ!!
最初わけがわからなかったよ(>△<)
でも、今となってはこのことだったんですね(笑)





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cinecinema.blog39.fc2.com/tb.php/14-d1a30460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
製作年度・製作国・上映時間1953年・アメリカ・118分監督ウィリアム・ワイラー出演オードリー・ヘプバーン 、グレゴリー・ペック 、エディ・アルバート 、テュリオ・カルミナティ
2005/12/28(水) 23:09:14 | 映画かよ!
嘘か真かの情報入手♪こんな事があっていいの!?B級ゴシップですら公開出来ない真実・新事実の...
2005/12/28(水) 22:37:07 | 奇跡の象徴
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。