勝手にCINEMAを斬る!?ズバッと映画批評★

ジャンルは様々、私が見た映画を大紹介♪♪今放映しているものから名作までいろいろ紹介していく予定。最近は火・金で更新中。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チェ・ゲバラ&カストロ
(FIDEL)
02年・米/メキシコ

監督
デヴィッド・アットウッド
出演
ガエル・ガルシア・ベルナル,ビクター・ヒューゴ・マーチン,パトリシア・ヴェラスケス

簡単なあらすじ
太平洋戦争終結後の頃、アメリカの南方に位置するキューバではバテスタ政権の悪政がしかれていた。そんな中反政府を唱え革命をする動きが・・・。その中心人物がフィデル・カストロである。1953年、無軌道な旅を終え大学を卒業したゲバラは、メキシコでフィデル・カストロと運命的な出会いを果たし革命に身を投じていく。キューバの革命を支えた2人の自伝的な物語。

ガエルが出てるから借りた映画第2弾(笑)
この間も書いたけど、一度はまるとなかなかぬけられません。
まさにいまその真っ只中にいます。
いつになったら抜け出せるやら・・・。

まず、この映画は決してチェ・ゲバラの映画じゃない。
そう思ってみるとひどい目にあいます。
というか実際あいました・・・。
なかなか出てこなかったもん。

原題のとおり、どっちかといえばフィデル・カストロの映画です。
ほんとカストロに焦点をあてて、最初っからとってるもん。
だれが日本題つけたのか知りませんが、ちょっと勘違いを招きます。
DVDのパッケージにしてもそうです・・・。

あと、キューバってスペイン語圏ですよね??
なのに映画が英語なのがものすごい違和感。
日本人が英語はなしてるのと同じかんじ。
なんでスペイン語で撮影しなかったんだろ??
まぁ、アメリカで作ったんだから仕方ない気もするけど・・・。

なんていうか革命家の軌跡ってかんじかなぁ??
でも、バックグラウンドがないと見ていて意味不明。
私もちょっとは知ってたけど、説明が全然ないから・・・。
登場人物もごちゃごちゃしてます。

革命ってやろうって時は意志が同じなのに、
革命したとたんみんな変わっていくのが・・・。
犠牲はつきものとかは思うけど。

総評★★☆☆☆(10点満点中4点)
かなり辛口です。
だってなんか裏切られたんだもん。

でもカストロってまだ生きてるんですね。
ずっと死んだものと思ってました。
最後に振り返って哀愁に浸る(?)シーンは切なかったです。




スポンサーサイト
amaro


アマロ神父の罪
(el crimen del padre amaro)
02年・メキシコ

監督  カルロス・カレラ
出演  ガエル・ガルシア・ベルナル,アナ・クラウディア・タランコン,ンチョ・グラシア

簡単なあらすじ
司祭から期待されている新人のアマロ神父は、ローマへ修行に出る前に見習いとして、メキシコの小さな町の教会に派遣されることになる。そこで行われていた、強欲な神父たちの金の取引きを知りつつも、権力に逆らうことができないアマロ。そんな中、彼は16歳の少女と禁断の愛を交わしてしまう・・・。

ガエルにはまってかりました。
う~ん勢いって怖いわ・・・。
はまったら止まらないものです。
それでは感想をどうぞ・・・。

これ結構前提の話なんですけど、メキシコの教会でキリスト教
っていうのが、個人的に違和感・・・。
実際メキシコってキリスト教なんですか??
そこのとこがものすごく曖昧っていうか知識がなかった(^^;)
私の認識不足というかほんと勉強不足ですね・・・。

神父さんいい人だと最初思ったのに、えぇ!?って感じ??
まさか、教会がそんな・・・って感じ。
発覚するにつれてアマロ神父もおかしくなっていくし。
教会がそんなんでいいんですか??

それから、神父さんが恋をするのって罪なんですか??
確かに神の使いみたいなところがあるからなぁ~。
さすがにそこまではいかないと思うけど。
それに近い立場だから平等じゃないといけないのはわかるかも。
だからって・・・神父さんも大変ね(汗)

その背徳を犯してまでやらなくてもとは思うけど。
行った教会でいろいろあったらしょうがないか。
それに好きな気持ちを素直に表現してるだけだもんね。
その為に隠れて愛し合う場所探すのも大変ね。
多少というか結構強引だわ。

というかガエルが出てるってだけで映画がエロくなるのはなんで??
どの映画も結構そんな気がします。
そんな映画に好き好んで出てるのかもしれないけど。
まぁ、例外もあるんだけどね。

最後はなんか報われないよ。
ていうかしっかりしろよ。
もうめちゃくちゃなんだから。
安静にしてればこんなことにはならなかっただろうに。
とっさに取り乱したらすべてお終いさ・・・。

総評★★☆(10点満点中5点)
これ、かなり問題になったそうですね。
確かに、あんま宗教色強いところでやるともんだいですね。
教会の汚職なんて・・・。


bully


BULLY ブリー
(BULLY)
01年・アメリカ/フランス・111分

監督  ラリー・クラーク
出演  ブラッド・レンフロ,ビジョウ・フィリップス,レイチェル・マイナー,ニック・スタール,ケリ・ガーナー,マイケル・ピット,ダニエル・フランゼーゼ

簡単なあらすじ
1993年フロリダ。ボビーとマーティは幼い頃からの親友。しかし、ボビーはマーティを奴隷のように扱い、暴力をふるってきた。そんな中バイト先で知り合った女の子たちと意気投合し、それぞれ付き合うようになる。マーティの恋人となったリサは、マーティとボビーの関係が歪んだものだと感じるようになった。そして自分や周りにも暴力やいじめが及ぶようになった。ついにマーティ、リサ、そしてその周辺の友達を巻き込み、7人でボビーを殺す計画を練るのだが…。

題名のわりに若者の青春映画だなぁって思ってたらビックリ。
まさかこんな展開になるとは・・・。
ある程度裏読んでから借りないとダメですね(^^;)

コレも実話ものです!!
別に意図して借りてるわけじゃないけど、最近実話物多いなぁ。
でも、実話って聞くとちょっと怖くないですか??
なんか実際起こったところをついつい想像してしまいます・・・。

この話何気に男女関係が激しいしめまぐるしいので、
そういうのが嫌いな人はやめたほうがよいです!!
ほんとレイプやらセックスやらばっかり(^^;)
若者の青春の1ページならいいかもだけど・・・。

そんで意外とあっさり終わってしまった・・・。
殺人計画ねって犯行を実行しておわり。
ほんとあっさりしすぎじゃないですか??

個人的にはもっと犯行後の葛藤の描写を入れてほしかった。
あと、メインはボビーとマーティなのに、リサが出っ張ってたね。
もっとマーティの葛藤を書いてほしかった。
他の人はわかったから・・・。

結果的にこの映画で言いたかったってことは殺人を犯しても、
その重大さに耐え切れず、誰かが言ってしまって
擦り付け合いになるってことでしょ??
しかもしばらくビクビクしていなきゃダメだし・・・。

BULLYっていじめっ子って意味だけど、
ちょっとあってない気が・・・。
たしかに、ボビーはドンだったけど。
う~ん、もっと別な表現ができたはずだよ。

あと、話の唐突さ加減が韓国映画ばりだった(笑)
結局妊娠とかで騒いでたのどうなったの??
何事もなかったように仲良くなってたけど。
あんなにけんかしてたのになぁ~。

最後にボビーがなんかむくわれなかったね。
働き出したらまたマーティ雇いたいとまでいっていたのに。
すれ違いは怖いね・・・。
もっとちゃんと表現しておかないからだよ・・・。

総評★★☆(10点満点中5点)
若手ががんばってました。
結構特徴的な人もチラホラと。
また出てきそうな感じ~。




ブロウ
(BLOW)
01年・アメリカ・ドラマ

監督  テッド・デミ
出演  ジョニー・デップ,ペネロペ・クルス,ジョルディ・モリャ,フランカ・ポテンテ,レイチェル・グリフィス,レイ・リオッタ,ポール・ルーベンス,クリフ・カーティス,ジェイミー・キング,ミゲル・サンドヴァル,ジェシー・ジェームズ,テッド・デミ,ボブ・ゴールドスウェイト,ニック・カサヴェテス

簡単なあらすじ
1970年代のアメリカで若くして伝説のドラッグディーラーとなり、巨万の富を手にした実在の人物、ジョージ・ユングの波瀾の半生を描いた作品。 体制もルールもボスも信用せず、ただひたすらおのれの夢と自由をかけて、アメリカ裏社会に生きようとする青年ユング・・・。ちなみに、ブロウ(BLOW)とは、ドラッグの吸引を意味する俗語をさすが、奈落の底へと落ちていく運命の一撃をも匂わせた言葉である。

ちょっとジョニー・デップが出てるからみてみた(笑)
最近そんな理由でしか映画見てないかも・・・。
それかロードショーだからとか??
だってお金は無限にないのよ!!

実話なこの話・・・。
確かに両親の二の舞は踏みたくないって気持ちはわかるなぁ。
しかも、成功しなかったんならなおさら思うよ。
俺こそはみたいな・・・。

それで、このジョージ・ユングが目をつけたのが麻薬。
麻薬の密売人になって大もうけ!!
何のビジネスするにしても、これから来そうなものに目をつけなきゃ。
そういう意味では目の付け所はいいんですよね~。
ものとしては・・・問題ありですけど(^^;)

しかし、人物描写というかとくに家族との関係が
ありありとわかる作品だった。
たまに父とか母とかでてくるんですけど・・・。
なんかなぁ~ちょっとリアルでした。

あと、ラストの刑務所で娘がってシーンは泣けます。
コレだけ栄華を極めても結局落ちるとこまでおちたなみたいな。
あとは、ただひたすら幻想を追い続ける・・・。
せつないですね~。

そういえばペネロペも出てきたけど・・・。
なんかあんま印象に残ってないなぁ~。
嫌な役だったしね。
う~ん・・・。

あと、仲介人の人がいい味出してたのに。
結局裏切るとか。
結構仲間関係がめちゃくちゃに破綻していくのは見ていてつらかった。
やっぱりみんな自分の利益が大事なのかとか思った。

総評★★☆(10点満点中5点)
う~んちょっと辛口かなぁ??
でも、だらだら感が否めなかったし。
こんな感じで・・・。

sam


アイ・アム・サム
(I am Sam)
01年・アメリカ・133分

監督  ジェシー・ネルソン
出演  ショーン・ペン,ダコタ・ファニング,ミシェル・ファイファー,ダイアン・ウィースト,ロレッタ・ディヴァイン,リチャード・シフ,ローラ・ダーン,ダグ・ハッチソン,エル・ファニング

簡単なあらすじ
7歳児程度の知能しかもっていないサムは、スタバでアルバイトをし、隣人のアニーの助けをうけつつも娘ルーシーとささやかな生活を続けていた。しかし、ルーシーがサムの知能を追い越してしまったとき、彼に養育能力がないと判断したソーシャル・ワーカーがふたりを引き離してしまう。サムはやり手の弁護士リタを頼り、裁判でルーシーを取り戻そうとするが…。


まさか、ここまで法廷ものだとは思ってなかった(^^;)
だって、CMとか見てる分にはそんな様子これっぽちもなかったのに・・・。
あの、ブランコこいでる映像が印象に残りすぎてるだけかなぁ~??
う~ん・・・予想外だったわ~。

さて本編に関して・・・。
ずっと娘のために裁判してきて、最後まで結局報われないというのは正直後味が悪い。
弁護士とくっついて一緒に暮らすのかとも思ったが、そうでもなく・・・。
いったい何のために盛り上げたのだろうか??

ちょっと批判ばかりが先に挙がってますけど、私は普通に泣きました。
家で見るDVDでは珍しくね。
父親の愛が純粋に伝わってきてジーン・・・。
母親の愛にもジーン・・・。
親が子供のことをどれほど愛しているかを改めて感じた。

ただ、この話の場合、父親が7歳の知能だったということが問題になってきます。
まぁ、たしかにちょっと問題がある親じゃって気持ちもないわけではないけど、
子供が嫌がる気持ちもわからなくはないなぁ。
しかし、それさえも吹き飛ばす愛情表現はおみごと!!
ショーン・ペンの演技に感服です。

最初のスタバのシーンはなんとなく好きです。
メイキング映像というか監督のインタビュー??にありましたけど。
そんな意味がこめられていたんだってかんじです。

総評★★★★(10点満点中8点)
ちょっと展開がこのみじゃなかったかなぁ。
でもまあ、なかなかの映画です!!

あと、この映画ビートルズファンにとっては嬉しい限りの映画です。
娘の名前も「Lucy in the sky with diamond」からとってるぐらいだし。
そのほかにも名曲がたくさん流れてきます。

かくいう私もビートルズファンです!!
なので、コレ見終わってすぐレンタルショップに走りました(笑)
そしてちゃっかりサントラ借りてきました!?
結構豪華なトリビュートアルバムでしたよ★
このコーナーも今回で第3回。
少しずつ板についてきたかなぁ~??
そのうち金曜日といえばコレってならないかなぁ~。

さてさて、今週末公開作品は9作品(yahoo調べ)
あら?ちょっと少なくなりましたね。
毎回あんなに多いのかと思ったらそうでもないのね(^^;)
ちょっとほっとしました!!
それでは見ていきます♪♪

注)期待度の目安(あくまでほんとに個人的です)
★☆☆☆☆・・・あんま興味なし
★★☆☆☆・・・テレビでなら見てもいいかなぁ
★★★☆☆・・・DVDでたらかりてみよう
★★★★☆・・・気が向けば見にいてもいいかも
★★★★★・・・絶対見に行きたい!!

<今週末公開作品の期待度>
・ミュンヘン 期待度★★★☆☆
スピルバーグ監督の社会派ドラマ。舞台がオリンピックはタイムリー。
詳しくは→http://munich.jp/
・シャークボーイ&マグマガール3D 期待度★☆☆☆☆
子供の夢を描いた3D立体映画。見た目的に子供向けかなぁ??
詳しくは→http://www.sonypictures.jp/movies/adventuresofsharkboyandlavagirl/site/
・ベロニカは死ぬことにした 期待度★★☆☆☆
小説が原作のヒューマンドラマ。現実逃避がしたい方はいいかも??
詳しくは→http://kadokawa-pictures.com/veronika/
・僕が9歳だったころ 期待度★★★☆☆
コチラも小説原作の人間ドラマ。子供のころの話なのでほのぼの??
詳しくは→http://www.boku9.com/
・転がれ! たま子 期待度★☆☆☆☆
変わった主人公による人情コメディ。ちょっと現実離れしすぎ??
詳しくは→http://www.tamako-movie.com/
・イベリア 魂のフラメンコ 期待度★★★★☆
様々な踊りを巧みに使った舞台劇。情熱の国の音楽とダンスに期待!!
詳しくは→http://www.iberia-flamenco.com/
・忘れえぬ想い 期待度★★★☆☆
香港からの感涙のラブストーリー。泣きたい人はどうぞ??
詳しくは→http://www.wasureenu-omoi.com/
・小さな恋のステップ 期待度★★☆☆☆
韓国からの純愛映画。韓国映画にしてはめずらしく初々しい感じ??
詳しくは→http://www.koinostep.com/
・日常 期待度★★☆☆☆
大阪の日常を表したほんわかしたエピソード集。お笑い芸人多数出演。
詳しくは→http://www.nichijou.com/

<今週のピックアップ>
ミュンヘン
フラメンコの話でもよかったんだけど、それは私個人的な問題なのでこっちを取り上げます!!それだけCMもやってるし、監督がスティーブン・スピルバーグだし。何かと話題の作品です。でも、個人的にはスピルバーグはファンタジーをとったほうがうまい気がするけど・・・。まぁ、ときにはこんな作品もいいかなぁ??詳しいストーリーはというと、 ミュンヘン・オリンピックの最中、イスラエル選手団が何者かに襲われ、それはテロリストの犯行とみなし、復讐を計画する。そして、暗殺チームのリーダーに任命されたアヴナーは、11人の標的を次々に消していくが…って話です。ちょっとサスペンス的だから、書いてるうちに気になってきたかも(笑)もうすぐトリノオリンピックもはじまるしそういう意味では上にも書いたとおりとってもタイムリーな作品です☆ちなみにアカデミー賞にも作品賞をはじめ5部門ノミネートされています!!

余談・・・最近自分の好みがはっきりわかるようになってきた・・・。なんかかたよってるなぁ~と思いつつ。まぁ、仕方ないのさって感じです!!あんま偏らないようにはみるつもりだけど、案外無理な気がしてきたや(^^;)まぁ、ほどほどにがんばってみよ(笑)


constantin


コンスタンティン
(Constantine)
05年・アメリカ/ドイツ・121分

監督  フランシス・ローレンス
出演  キアヌ・リーブス,レイチェル・ワイズ,シア・ラブーフ,ジャイモン・フンスー,プルート・テイラー・ヴィンス,ギャヴィン・ロズデイル,マックス・ベイカー,ティルダ・スウィントン,ピーター・ストーメア,ミシェル・モナハン

簡単なあらすじ
メキシコでふとした事から見つけられてしまった「槍」。しかしそれは単なる偶然ではなかった。この世には、悪魔や天使が宿った人間が生息している。私立探偵のジョン・コンスタンティンは、彼らを見分けることができた。自殺というキリスト教最低の罪を犯した彼は,死後自分が地獄へ送られる運命にあると知ることに。そして,悪魔払いをすることで、天国に行こうと目論むのだった。そんなジョンのもとに、双子の姉妹を亡くした刑事アンジェラが現れ…。

これは劇場いってきました。
最近キアヌはこんな役ばっかりですね。
(と思ったけどそうでもないのか・・・)
マトリックスがはまり役だっただけにやめられないのかな(笑)
それでは感想です。

これは一言でいうとキアヌ・リーブスのために作られたってかんじ?
たしかに普通にかっこよかったし♪♪
悪魔祓いするところとか・・・。
妙に雰囲気があってました!!

で、結局禁煙を訴えてただけだったのかなぁ??
ヘビースモーカーで肺がんで死の宣告って・・・。
最初のあらすじでちょっとネタばれしてるんですけど,
自殺ってそんな悪いことかなぁ。

まぁ,確かに自分で命をたつってことはなんか哀しい気はします。
けど,生きてることに耐えられないなら仕方ない気が・・・。
でも,わたしはそんな運命たどりたくないです!!

最後の終わり方が良くわからなかった。
結局悪魔に助けられた??天使に助けられた??
場面変わるけど,個人的に帽子かぶった人が迫力あった。
どっちつかずな立場だったけど,ひとり群を抜いて威圧感が。

あと、ぜんぜん雰囲気のあってないJAZZの曲がかかって・・・。
私的には、正直あってないとおもってしまった∑(─□─)
なぜこの場面で・・・って感じでした。
でもまぁ、納得です!!

総評★★★(10点満点中6点)
まぁ,オカルト好きな人にはたまらないかも。
普通にこういうものだってみると楽しめます。

ただ宗教色が強いので,キリスト教嫌いな人はあまり・・・。
でも,全体的に映像も青白いし,工夫は細かかったです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。