勝手にCINEMAを斬る!?ズバッと映画批評★

ジャンルは様々、私が見た映画を大紹介♪♪今放映しているものから名作までいろいろ紹介していく予定。最近は火・金で更新中。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金曜日でございま~す。

今回はドーンと3作品。
邦画1作、洋画2作をお届けします。
こうやって来るときは一気に来るのね・・・。


伝染歌
実は同じような題材の映画を見たことがあってそれがめっちゃ好きです。
ハンガリー映画で危うさ漂ってて。
この元にもなってる「暗い日曜日」という曲。
曲を実際聴いたら確かにとりつかれ自殺したくなるのも納得。
なぜか、聞いたら忘れられないそんなフレーズを持っています。

松田龍平もだけど、伊勢谷友介も引っ張りだこだなぁ。
はたして、どんな感じに出来上がってるのか。
しかし、なんで「でんせんか」じゃなくて「でんせんうた」と読ますのだろう。
「でんせんか」のほうが合ってる気がするのは私だけ??

シッコ
ご存知マイケル・ムーアの問題作。
みんなが背けたくなるような問題にあえてチャレンジするのが彼。
今回取り上げたのは医療問題。
しかもそのために自分も20kgやせたんだからすごい。見上げた根性だ。
自分の悪いところを治してからのほうが説得力が出たのかな。

こうやって隠れてる部分を自覚させる系の映画って気になります。
驚きというよりも唖然としてしまう。
いったいこれまで何をしていたのかといいたくなってしまう。
そういう部分も含めて考えるきっかけになりえそうな映画です。

ショートバス
NYを舞台に本当の”セックス”と”愛”を描いた作品。
7人の登場人物たちが集うサロンの名前がショートバス。
さまざまな悩みを抱えた7人がいつのまにかつながっていく。
「あなたは一人じゃない」めっちゃグッとくる。

ヘドウィグの監督が描く感動のラブストーリー。
ラブストーリーってそんなに興味ないのだけど、珍しくひかかった。
ラブストーリーでも人と人とが複雑に絡み合うものは見ていておもしろいからかな。
音楽がYo La Tengoなのにびっくり。
確かに映画のムードと合いそうな気はするけどね。

そのほかの明日公開の作品
●童貞。をプロデュース●たとえ世界が終わっても●親父●ラッシュアワー3●私の小さなピアニスト●厨房で逢いましょう●阿波DANCE●スピードマスター●Life 天国で君に会えたら●Taxi4●

ラッシュアワーといいtaxiといい続いてますね。
やっぱり気分爽快系アクションものはシリーズ化しやすいのかなぁ。
Taxiは2のときに忍者(ニンジャ)と長官(ニアック)で進め止まれしてたのを思い出すだけで笑ってしまいますよ・・・。
スポンサーサイト
お待たせしました、金曜日でございま~す。

今回もすみませんが1作品で。
意外と興味を引く作品って現れないものですね・・・。



恋するマドリ

このタイトル最初に見たときマドリって名前の子が恋する話だと思っちゃいました(笑)これぞカタカナマジック。
予告編を見て納得間取りのことかぁ~って(^^;)
初々しい一人暮らしスタートの話らしくなんかいいなぁ。

キャスティング的にも惹かれます。
タイムリーなことに松田龍平と菊池凛子にはまってるだけに見たいかもと。
2人ともあくの強いキャラを演じれるだけあって期待。
今回をそうだとは限らないけどね。

そのほかの明日公開の作品
●Tokyo Real トウキョウ・リアル●純愛 JUN-AI●プライスタグ●スプリング・ディズ●WHITE EXICO ホワイト・メキシコ●大ちゃん、大好き●キャプテン●22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語●長江 哀歌●酔いどれども詩人になる前に●遠くの空に消えた●ベクシル 2077 日本鎖国●

ベクシルはアニメーションって聞いてビックリした記憶が。
最近の映像技術にはほんと驚かされます。
それと、遠くの空に消えたのビラの神木君が女の子に見えて仕方がない。
お待たせしました、金曜日でございま~す。

今回はお盆前なせいか少ないので1作品で。
しかも今日公開のフライング作品をご紹介。

オーシャンズ13
聞くところによると前作よりはおもしろいらしい。
って私は前作見ていませんが(^^;)
前々作はちゃんと劇場で見ましたけど。

しかし、3たびこの豪華な俳優人が集うなんて。
普通は考えられないですね。
物語がどうこうって言う人よりも、ファンな人がいったらいい映画だと思う。
私も盗まれたい!!な~んちゃって。

そういえば、いとこがシカゴのプレミアに行ったらしい。
生ジョージクルーニーに生ブラピ・・・。
かなりうらやましすぎるよ~。

そのほかの明日公開の作品
●ブラッド●呪怨 ハンデミック●トランシルバニア●ドッグ・バイト・ドッグ●

オーシャンズ13といい呪怨といいシリーズ物が続くなぁ。
お待たせしました、金曜日でございま~す。

今回は音楽ドキュメンタリー2作品にスポット当てます。
音楽ドキュメンタリーが同時公開ってのも珍しいですね。
それではいってみま~す。

THIS IS BOSSA NOVA
まず、豪華出演アーティスト。
巨匠カルロス・リラとホベルト・メネスカルが対談していくらしい。
他ジョアン・ジラベルトにアントニオ・カルロス・ジョビン。
ボサノバの第一人者的な人がたくさん出てきます。

なぜブラジルでムーブメントが起きたのか。
ブラジルの音楽の歴史を感じることができるはず。
ボサノバファンは必見。
全編にわたってボサノバの曲が流れてるらしく、
夏の暑い中癒されたい人にはうってつけの映画かも。

カート・コバーン アバウト・ア・サン
人気絶頂期にまさかの自殺をしてしまったNIRVANAのボーカルカート・コバーン。
25時間に及ぶインタビューテープをまとめた本病んだ魂をもとに映像化。
彼の本当の内面にせまった作品。
インタビューで語られたイメージ像を追うらしいです。

カート・コバーンの話って時点で暗そうだ・・・。
ラストデイズも見たけど暗すぎて見てられなかったし。
実はレポートを書いたことがあって彼の特殊なバックグラウンドもひととおり調べたから気にはなります。特殊すぎるからこそ、映画にはしやすそうな人だよなぁ。

そのほかの明日公開の作品
●トランスフォーマー●プロヴァンスの贈りもの●劇場版NARUTOーナルトー 疾風伝●劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!●獣拳戦隊ゲキレンジャー 電影版 ネイネイ! ホウホウ! 香港大作戦●消えた天使●彩恋 sai-ren●おやすみ、クマちゃん●

ますます子供向け映画が増えたなぁ(笑)
ちなみにトランスフォーマーの主題歌はLinkin Park「What I've Done」
個人的にファンなのでうれしいかぎり♪♪

あと、音楽ドキュメンタリーはこれからも熱い。
イギリスの巨大フェスができるまでを描くグラストンベリー。
アイスランド音楽シーンを描くスクエイーミング・マスターピースなどなど順次公開中です。他9月にはパンクロックの今を描くPUNK'S NOT DEAD目が離せないです。
今日は金曜日でございま~す。

さてさて、今日は2作品紹介したいと思います。
それではいってみま~す。

レミーのおいしいレストラン

まず題名的に見たらお腹が空きそうだ(笑)
フランス料理最近食べてないから食べたくなるだろうな。
簡単にいうと、料理大好きネズミのレミーと見習いシェフリングイニが大事件を巻き起こすというお話。

リングイニって・・・。
めっちゃパスタのリングイネとかぶる(^^;)
レミーはすごくかわいいお茶目なネズミさん。
小さいながら料理してるところはさぞ大変そう。


天然コケッコー

原作が漫画なだけに話の筋はしっかりしてそう。
くらもちふさこさんって他に何書いてたっけ??
名前だけ聞き覚えがあるや。

主題歌がくるりなのも気になる要因かも。
「言葉はさんかく こころは四角」
なんか雰囲気にあう感じなのんびり感サイコー。
さすがだなぁ~。

そのほかの明日公開の作品
●リトルチルドレン●夕凪の街 桜の国●河童のクゥと夏休み●オープン・ウォーター2●怖い童謡 裏の章●モン族の少女 バオの物語●陸に上がった軍艦●ヒロシマナガサキ●いつかの君へ●フロストバイト●
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。