勝手にCINEMAを斬る!?ズバッと映画批評★

ジャンルは様々、私が見た映画を大紹介♪♪今放映しているものから名作までいろいろ紹介していく予定。最近は火・金で更新中。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
zukan


図鑑に載ってない虫
(The Insects Unlisted In The Encyclopedia)
07年・日本・103分

監督  三木聡
出演  伊勢谷友介、松尾スズキ、菊池凛子、岩松了、ふせえり、水野美紀、松重豊、笹野高史、三谷昇、渡辺裕之、高橋恵子

簡単なあらすじ
ルポライターの「俺」は月刊「黒い本」の美人編集長から”死にもどき”を使って死後の世界を体験してルポするよう依頼された。仕方なく、オルゴール職人のエンドーと”死にもどき”を探す旅をし始める。途中、リストカットマニアの女サヨコや、やくざ、さらには宗教まで絡んできて・・・。果たして”死にもどき”とは何なのか??笑いあふれるコメディ型ロードムービー。


物語自体が8月1日からスタートしてるというタイムリーさ。
題材的にもストーリー的にも夏らしかったなぁ。
ホラーっぽい要素も満載だったし。

全体的によく笑わせられました。
キャラが濃くてたってるし、ギャグ(小ネタ)のセンスがピカイチ。
他車のナンバープレートだったり、ちょっとした看板だったりの芸が細かかった。
たとえば、「俺」の乗ってる車は飛蝗。
ちなみに救急車は三途だった(笑)

そして、やっぱ松尾スズキがすごかった。
こんな役彼しかできない気がする・・・。
時効警察の最終回にもこのキャラで出たらしいけど、どうだったんだろ。
もちろん他の主な登場人物も変すぎるほど変なんだけどね(笑)

あとは、妙に虫が出てきすぎてえげつないところも・・・。
この辺がちょっと好き嫌いありそう。
でも、塩辛のニコラスケイジネタは笑わずにはいられません。

個人的に改めてロードムービーが好きだと実感。
成長の様子やだんだん謎がわかっていく様子がリアルにでるからかな。
ものによっては、延々続くながいものもあるけどね。

最後のほうで実際に死にもどきを使うシーンは見事。
まんまと錯覚させられてしまいました。
そうか、そういうことだったのかぁ~って。
私的には時間軸がずれたのかと思ってしまいました。

死についても改めて考えられる。
現実味がないからこそ楽しめる(笑)

この夏映画で笑いたい人・脱力したい人にはオススメです。

総評★★★★(10点満点中8点)

次はアヒルと鴨のコインロッカーかインランド・エンパイアに行きたい。
それと、みなみ会館のオールナイト上映に是非
ほんと最近邦画ばっかり見たいと思ってしまう。
洋画はなぜか二番煎じっぽく感じてしまう。
シリーズものが多すぎるせいかなぁ。
次回はこのことについてコラムでも書こうかなぁ。
スポンサーサイト
Dr.d


ドクター・ドリトル
(Docter Dolittle)
98年・アメリカ

監督  ベティ・トーマス
出演  エディ・マーフィ,オリヴァー・プラット,リチャード・シフ

簡単なあらすじ
仕事では大病院に勤務し患者に慕われている医者であり、家庭では良き夫で父親のジョン・ドリトル。ところがある日、野良犬をひき殺しそうになったことがきっかけとなって、少年時代に習得した動物たちと会話ができる能力を思い出し、意識しなくても動物の会話が聞こえたり、話すことができたりするようになってしまう。そして、職場や家庭などで次々と珍騒動を巻き起こしていくことに・・・。

これも金曜ロードショーでやってたから見てみたって感じ。
実はマイノリティーリポートかと思ったら違ったという・・・。
(ちなみにマイノリティーリポートは来週)
でも、ついてると気になるもので・・・。
いつのまにかのめりこんでました(笑)

久々に爽快コメディをみたってかんじです。
今ちょうど試験中だから病んでいたのかなぁ??
意外にもめっちゃうけました。
やっぱり疲れたり病んでるときはコメディ癒されるわ。

一番ツボだったのはオラウータン。
ちょっと療養するためにいった病院にいるんだったんだけど。
最初何も話さないからなんでかなぁと思っていたら・・・。
なんとスペイン語かよ~( ̄□ ̄;)
これには久々に大うけしちゃいましたよ。

その他自殺したがるトラとか、
とげの刺さった(?)ふくろう、
いっつも争ってるハムスター、
玄関先のやぎ・・・。
とにかくいろんな動物が出てきます。

一番の役得はモルモットとイヌだろうな。
よくわからずわめいてるわりに、いつも助けてくれるし。
さすがちゃんと飼ってるだけはあるよ。
ちょっとバカっぽいところが何気にミソ。

こういうバカっぽいとこばっかりかいたけど、
結構家族関係や会社のことはシビアだったなぁ。
子供とあんまうまくいってなかったし、
会社は合併するとかしないとかの瀬戸際だったし。
最終的には収まるんだけどあんな収まり方で納得するの??

総評★★★(10点満点中6点)
思ったより面白かったし。
こういう予想に反して面白いやつは得点高くなるよ。
ほんとちょっとした気分転換になったなぁ~。


テクノラティプロフィール
Swing Girls


スウィングガールズ
(SWING GIRLS)
04年・日本・105分

監督  矢口史靖
出演  上野樹里,平岡祐太,貫地谷しほり,本仮屋ユイカ,豊島由佳梨,松田まどか,白石美帆,大倉考二,西田尚美,竹中直人,谷啓

簡単なあらすじ
東北のとある田舎の高校。夏休みにもかかわらず補習を受けている女子生徒達が、野球の応援にむかった吹奏楽部員のために弁当をもっていくことに。しかし、なんとその弁当のせいで部員たちは食中毒に・・・。かわりに楽器を弾ける人を探す&責任をとれ&補習をサボる口実でビッグバンドに参加。はじめは全くやる気ゼロだったのに、いつしかジャズの魅力に引き込まれいく・・・。しかしビッグバンドをやるために絶えることなく苦労が続く!?さてさてどうなる??

さて今日も邦画で!!
つい最近ロードショーでもやっていたスウィングガールズ。
これDVDでも最近みてめっちゃおもしろかったです★
というか私も高校時代吹奏楽部でバリバリサックス吹いてたので、
妙な親近感と懐かしさを感じました(笑)

う~ん、一言で言うと青春だね♪♪
ノートとかめくって青春の1ページとかで本気でてきそうだわ。
ほんと現代の高校生のとある1コマって感じ。
コレを見て学生にはやる気を出してもらいたいものです。

あと、映像の写し方が面白かった。
特にマツタケ狩りしたとき・・・。
いきなりイノシシが出てきておっかけられるんだけど。
もうサイコー!!!
今でも思い出し笑いできちゃいます(^^;)

ビッグバンドにしても素人からみんなやったっていうから、
最初はうまいこと下手にとれてるし。
でも、最後のコンクールでの演奏は圧巻でした!!
よく1ヶ月であそこまでうまくなるもんだ。
まぁ、それも役者作りのためと思えばそんなもんか。
でも、つくづくすごいと感じました。

役者も一人一人個性的です。
この映画で本格的にブレイクしたひとが何人いることやら・・・。
それほど注目度も高かったしヒットもとばしたし。
あと、相変わらず竹中直人ってこんな役ばっかりあたりますよね。

それと忘れちゃいけないのが方言!!
「~ず」って言うんですよ!!
米沢弁でしたっけ??
なんかめちゃめちゃかわいいの(≧∇≦)/
我が家でひそかに語尾ブームになっちゃいましたよ。
この方言のギャップが結構新鮮でした。

ビッグバンドってだけあってJAZZ好きな人にはたまらない。
いろいろな名曲が出てきます。
メキシカン・フライヤーめっちゃ好きです。
他にも、シング・シング・シングとかムーンライト・セレナーデとか。
音楽にも注目です!!

総評★★★★(10点満点中8点)

やっぱり音楽好きだわ★
こういうやつ見てると、また楽器やりたくなってきます。
やっぱり演奏して1つの音楽を作るのって楽しいんだわ。
見ていてもついつい応援したくなっちゃうし。
また、なんかはじめちゃおうかなぁ~・・・。

とにかくおもいきり笑いたい人にはオススメ!!
なにもかも吹き飛ばしてくれそうです。



school of rock



スクール・オブ・ロック
(SCHOOL OF ROCK)
03年・アメリカ・110分

監督  リチャード・リンクレイター
出演  ジャック・ブラック,マイク・ホワイト,ジョーン・キューザック,サラ・シルヴァーマン,ミランダ・コスグローヴ

簡単なあらすじ
デューイは売れないロックバンドのギタリスト。ロックへの思いは誰にも負けないほど熱いが、なぜか空回りしてばかり。そんな彼が、いきなりバンドメンバーからクビを言い渡され、窮地に陥る。起死回生を図るため家賃稼ぎを考えるが、偶然取った電話がきっかけで友達になりすまし、有名私立校の代用教員として授業をすることに。勉強を教えられないデューイはロックで生徒たちの心を次第につかんでいく。そして・・・。


シリーズでずっとハリポタ書いていたから次何書くか結構悩みました。
なんかいきなり別の系統をやる勇気もなく・・・。
そりゃたくさん増えればそんなの関係なく書くと思いますけど。
でも、最初ってなんとなく気にしません?? 
って私が多分そんな人間なんですね(^^;)

昨日ちょっとロックってすごいわ!!
と思わせられることがあり、この作品を書くことに。
だって、常に実験というか探求というか・・・。
そんなロックの開拓者たちはやっぱりすごいなぁ~と思いました。
それでは感想です。

まず、Rock好きにはたまらない映画です!!
いたるところにロックミュージックが挿入されています。
やっぱりロックはかっこいいよ~。

学校でロックバンド結成するっていうのはある程度読めました。
だって、題名がそんな感じだし。
しかし、まさかあんなふうになるとは思っていませんでした(^^;)

先生だと偽ってやってきて、授業もなにもまったくやらない。
正直そんなんでいいの??って思ってしまいました。
校長先生の隙をついて音楽のことばっかり。
マニアックな内容もまぎれていたり(笑)
でも、子供たちがありえないぐらいしっかりしてたね。

特にクラス委員長のサマー!!
彼女は公言していた夢のとおりにほんとに大統領になっても
おかしくないぐらいです(笑)
それぞれ魅力的なキャラクターの子供たちばかりでした。

あと、授業でRock史なるものをやっていました。
これは正直ならってみたいと思ったよ・・・。
だって、黒板に書いてくれたように結構複雑そうだし。
興味のないことやるよりはよっぽど興味がわきそう。
しかも、おもしろそうだしね。
誰かやってくれないかなぁ~??
(コンソで似たようなやつみつけました)

みんな最初はRock(?)って感じでコチコチだったのに、
最終的にはめっちゃはじけていて、
そのギャップがすごく楽しめました!!
バンドバトルはほんといい演奏をしていましたもん。
家族でみるのにオススメの一品!!

総評★★★★(10点満点中8点)
素直に楽しめる作品だけによかったです。
こどもたちに、夢を与える作品だなぁ~としみじみ思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。